wantとwon’tの発音の違い

wantの発音は[wɑnt]、won't の発音は[wount]

日本人にとって難しいと思う英語の一つ、wantとwon’t (=will not)の違いについて説明します。

wantの発音は日本人にもそれほど難しくないですが、won’tは二重母音の部分が少し難しいですね。

違いは母音だけですから、wantの短母音[ɑ]に対して、won’tの二重母音[ou]をしっかり二重母音として発音する必要があります。

 具体的な例文としては、次のような文章を発音しわける練習をするといいと思います。(意味が反対になってしまいますからね)

 1. I want to do it.
  [ai wɑntə du: it ]
  (私はそれをやりたい)
 2. I won’t do it.
  [ai wount du: it ]
  (私はそれをやらないだろう。)

 1.のほうは、toは強調されているわけではないので軽く発音されることが多く、[tə]と表記しました。実際には、want to がつなげて発音されて、[wantə]のように発音されることが多いと思います。

最後に、私の発音(ネイティブではありません)を、参考までに聞いてみてください。

上部へスクロール